「空気を読む」は世界で通用する

外国にいる時も「空気を読む」のは必要。

「空気を読む」と言う言葉が日本にはあります。私はその言葉をその場を察すると言う風に考えています。日本独自の考えのように思えるかもしれませんが私はそうじゃない気がします。旅行で外国にいる時などもそうその場を察した方がいいとよく感じたりもします。

例えばインドに行った事がありますがガンジス川で泳ごうとはしません。もちろんそう言った目的はありませんがインド人にとっても聖なるその場を泳ぐなんてとても考えられません。日本なら川と言えば泳ぐとも連想すると思いますが少なくともガンジス川ではそのようにしたらいけないはずです。

ガンジス川自体の慣習も楽しむ

ですのでその場を察するイコール空気を読むは世界中どこでも大切だと思います。旅行者はその場を満喫すると同時にその場の慣習などをしつかりと学ぶ存在でなければいけないと考えています。一見そうするとなんか旅行ってつまらなそうに思ってしまうかもしれませんがそんな事はありません。

その場の雰囲気を理解し合わせてる自分が楽しいと考えれば良いのです。ガンジス川で身を清める自分も普段の日本ではそう言う事はしませんし、ガンジス川でしか出来ない事を日本で求めようともしません。ただガンジス川での慣習が好きで、そこで清める事が楽しいからしているのです。

夏になったら名張に行くならタビマスターズを見つけてたびに出てみよう。

温泉と京都グルメを堪能した日帰り旅行

平日の温泉旅館は静かな雰囲気でした

先日、学生時代からの友人と旅行に行ってきました。とはいってもお互い家庭と仕事がありますし忙しい身。そこで中間地点となる京都で会う事にしたのです。日程の都合上泊まりはきつかったので日帰りになります。そのため、短い時間の中でゆっくり話が出来てなおかつ楽しめるような計画を立てる事にしました。

選んだ場所は温泉旅館です。休日や繁忙期となると混雑しているでしょうが、平日は静かで穏やかな雰囲気です。他にも何組が客がいましたが老舗旅館だからか年配のご夫婦ばかりで、奥様方の集団にぶつかる事もありません。一応個室を取ったのですがいらぬ心配だったかもしれませんね。

温泉と京都グルメを堪能

まずはゆっくり温泉に入り世間話から。最後に会った時からはかなり年月が経ってしまっていますが、変わらないところもあります。そんな小さな事を喜びつつお互いの近況報告をしました。

温泉から出た後は京都グルメを頂きます。泊まりではないのでお酒は良い物を少しずつ、料理に合わせて色々持ってきて頂く事にしました。メニューは手作りの豆腐や鱧料理、鮎や松茸も。鱧は普段あまり食べませんが、これを食べると京都に来たという感じがしますね。松茸は国産の上質な物だったのでお値段は張りましたがとても美味でした。こうして久々の再会を日帰り旅行として楽しむ事が出来ました。

夏になったら南紀白浜に行くならタビマスターズを見つけて飛び立とう

旅行をするときには移動手段を

旅行をするときにはしっかりと

旅行をするときには、まずは移動手段を良く考える必要があります。つまりは、車か新幹線か、或いは飛行機ということもあります。観光地までいけば、バス、と言う手もあります。もちろん、最初からバスでいくこともありますが、これはツアーなりである場合が多いです。言うまでもありませんが、費用的な問題もあります。何が一番安いのか、ということは実際にはその時々によりますから、非常に難しい判断ではあります。そこはよく認識して、適切なものを選ぶことです。時間的な制約もあったりしますから、そこも注意することが重要になります。

ガソリン代が意外と重要

旅行に行くときには、ガソリン代が意外と重要になります。要するに燃料費であり、これはどんな方法で移動するとしても確実に関係してくることになります。言うまでもありませんが、飛行機だって、相当に燃料を使っています。だからこそ、良い時期、というのがあったりします。その時に狙うと良いです。要するに原油が安くなっているときが、様々な意味で旅行をし易い時期であるといえます。もちろん、そこまで気にするべきことではない場合もあります。しかし、長距離の飛行機のときなどにはかなり価格に影響する場合があります。よく確認するとよいです。

ここで伊豆市行きのタビマスターズを発見して旅を楽しみましょう。

ホテルのクラブラウンジを堪能する方法

時間に気を付けて利用する

旅行でホテルに宿泊する時には、クラブラウンジが利用できるクラブフロアに泊まると、リッチな気分が味わえて良いものです。なお、ホテルによっては、一日の内に何度も内容が切り替わって、色々なメニューが提供されますから、ティータイム、カクテルタイムなど、切り替わる度にクラブラウンジに行って飲んだり食べたりするのも良いものです。そのためには、現地での立ち回り方と言うのが重要になってきます。ずっとホテルで過ごすのであれば問題ありませんが、他の観光スポットに行く場合には、目当てのメニューが提供される時間に戻ってくるよう、上手く行動することが大切です。

食べ過ぎないように注意

高級なホテルのクラブラウンジともなると、料理の内容がかなり良いものです。夜の時間帯であっても、ちょっとしたおつまみ程度しか出ないホテルもありますが、高級ホテルの場合には結構本格的なメニューがあり、スイーツも充実しています。せっかくこういうホテルに泊まったのに、お腹がいっぱいで食べられなくて、思う存分楽しめない、と言ったことになると悲しいものです。ですから、そういったことにならないように、街に出た時には、食べ過ぎないようにすることが大切です。グルメな街に出掛けると、誘惑が多くて食べたくなってしまうものですが、食べたとしても量を調整しておくと良いものです。

ここで小清水行きのタビマスターズを見つけてたびに出ましょう。

バスでの旅行に必要なグッズ

周囲の騒音対策は重要

バスツアーでは、移動の時間が非常に長いため、バスの中での過ごし方が非常に重要になりますが、出来る事なら次の旅先で楽しく遊ぶ事ができるようにゆっくりバスの中で休みたいという人が多いと思います。しかし、周りの人がおしゃべりに夢中である場合は非常にうるさく感じてしまう人も多いので、旅行前には耳栓を購入しておくと良いでしょう。耳栓は驚くほどの効果を発揮し、周りの話し声程度なら全く気にならないレベルになります。バスの中でゆっくり眠りたいという方は100円ショップに売っている耳栓でも十分に効果がありますので購入の検討をおすすめします。

バスの中での時間つぶしグッズ

長時間のバスの移動中、なかなか眠る事のできないという人も少なくありません。そういう人は持ち物の中にお気に入りの漫画を入れておくと良いでしょう。漫画はあっという間に時間が過ぎる効果がありますので、目的地に着くまでの暇つぶしとしては最適です。意外と早いペースで読めてしまいますので、何冊か持って行くと便利でしょう。しかしながら、文字を読むタイプの文庫はバスの揺れもあり非常に読みづらいのでなるべく避けるべきだと言えます。最近では電子書籍と呼ばれるスマートフォンで読むことのできる本も増えて来ていますので、そちらも便利です。

こちらのサイトから秋田の一部で話題のタビマスターズを見つけて飛び立とう

旅行会社が発表している国内ツアーランキング

時期によって人気ツアーが変わる

旅行会社が発表している国内ツアー人気ランキングは時期によって変動があり、夏は有名な水族館や動物園を訪れるツアー、また、有名な花火大会を見学できるツアー、海のキレイなリゾート地が人気です。また、秋やや冬には有名な紅葉スポットを訪れるツアーや秋の味覚を楽しめるツアー、風情を感じられる街が人気ランキングの上位を独占しています。

時期に限らず、一年を通して人気のツアーが有名テーマパークを訪れるツアーや温泉、世界遺産を巡るツアーです。人気ランキングツアーは年代によって若干異なりますが、旅行先に迷っているなら参考にできます。

年代別人気ツアーの比較

20代に人気なのがテーマパークを訪れるツアーやスパリゾート、30代や40代にはエステ付きの温泉宿に宿泊できるツアーなどが人気です。40代や50代以上にもなりますと、費用に余裕がありますから、一流ホテルのスイートルームに滞在できるツアーやカニ食べ放題のツアー、また、世界遺産を巡るツアーはどちらかというと40代以上の方に人気です。

予算はツアーの種類にもよりますが、一人3万~7万円ほどです。個人でホテルや列車を予約するよりも安く旅行できますし、ツアーは個人旅行ではあまり知られていない穴場のスポットに行けるのが魅力ではないでしょうか。

こちらのサイトから奈良の一部で話題のタビマスターズを見つけてたびに出ましょう。

イギリスに旅行に行くことは

イギリスにおける旅行の先としては

イギリスというのは、かなり見るべき価値があるところが多いです。まず、ロンドン周辺がお勧めできます。とにかくお勧めできるのが、大英博物館です。1753年に設立、という長い歴史を持つ博物館なのですが、とにかくその収蔵物が素晴らしいのです。一時期、世界一であったイギリスが各地の財宝、美術品を集めたのです。その数なんと約700万点です。収蔵物の量もそうですが、質も一級品です。ですから、十分に見るべきであるといえます。後はバッキンガム宮殿も見たほうがよいです。19世紀にヴィクトリア女王が移ってから、英国の王室の住まい、そして、迎賓館としても使われているものです。

宮殿の儀式は見応えがある

バッキンガム宮殿で有名なのは、衛兵交代式です。時間が決まっていますから、事前に調べてからいくとよいです。建造物ではありますが、テムズ川もお勧めできます。イギリスを代表する川です。ロンドン市内を流れる川であり、イギリスの象徴の一つであるといってもよいくらいです。ちなみに、ロンドン橋がかかっている川でもあります。これも見たほうがよいです。ロンドンだけでも相当、見るべきところがありますから、是非とも観光して見ることをお勧めします。ちなみに物価はそこそこ高いです。先進国ですし、意外と税金が高い国でもあるからです。

ここから山梨行きのタビマスターズを見つけて飛び立とう